社会人が「残念だ」と思う、成長できない大学生に共通する思考習慣

    スキルを磨く

    若い人の成長スピードには目を見張るものがあります。

    多くの大学生、また新入社員と接してきて思います。若いっていいな。

    もちろん成長のスピードは人それぞれ。スタートダッシュが得意な人も入れば、後半の追い上に長けている人もいます。どちらが素晴らしいという物ではありません。人生は超・長距離走なのでマイペースが一番です。

    New Meでは以前「成長する大学生に共通する態度」についての記事を掲載しました。

    おかげさまで、大学生を始め、に多くの方に読んでもらえた記事です。みなさん「成長」に関心を持っているということでしょうか。それだけでも素晴らしい。

    より成長できる人を目指すなら、「ではない人」にも注目する必要があります。

    残念ながら、成長機会を逃してしまう大学生にも共通した思考習慣があります。

    なかなか成長しない人がもつ悪習慣

    他責が多い

    何事も他責にすれば、その時は楽になる。
    しかし、そこで成長は止まる。
    何か挫折があるたびに自責で考えると、人は成長する。


    『日本経済新聞「プロムナード」』2014.10.2

    他責思考とは、自分の行動の結果を人やものなど、自分以外のせいにして考えてしまうことです。

    例えば、あなたがカレー屋さんを始めます。ところが、お客さんがなかなか来てくれない。

    「今日は天気が悪いから…」

    「この店は立地が悪い」

    「近くのカフェにお客さんを取られている」

    「この辺りのお客さんは、カレーの良さがわかってない」

    挙げ句の果てには、

    「みんな、オープン前には『絶対成功するよ!』って言ってくれていたのに!」

    このように「自分以外のこと」を理由に考えてしまうのが他責思考です。

    一方の、「自責思考」とは。

    自責思考は勘違いされやすいですが「自分を責めること」ではありません。

    「私にはカレー屋なんて無理だったんだ」

    「私の料理才能がないんだ」

    確かに、辞書には「自分のあやまちを責めること」とあります。しかし仕事において、こんな風に考えるのは自責思考ではありません。

    仕事に自責思考とは、〈課題や問題において、自分の行動で変えられる点に焦点を当てること〉です。

    「お店を知ってもらう努力が足りなかったかも」

    →SNSをやってみよう。チラシを作って近所に配ろう。

    「料理で満足させられてないのかも」

    →料理の腕をもっと磨こう。メニューを改善してみよう。

    「価格の設定を誤ったかも」

    →お得なランチメニューを作ってみよう。周りのお店の価格帯を調査してみよう。

    〈自分の行動で変えられる点に焦点を当てる〉ことで、改善すべき具体的な行動が見えてくる。だから正しい自責性を持っている人は成長できるのです。

    他責で考えるとは、改善したり成長するチャンスを自ら逃していると言えるのです。

    振り返りが雑

    確実に成長していく人は、できごとから「教訓」を得るのが上手です。

    一方、何かをプロジェクトを終えたとき、「成功しました!」「ダメでした」などと状態を簡潔にしか言わない人、「うれしい」「ショック」と感想しか言わない人がいます。

    成長できない人は振り返り・反省が雑なのです。

    雑な振り返りでは、よかった点を次に生かすことができません。あるいは同じ失敗をしてしまうかもしれません。

    丁寧に振り返るには、以下のようなステップで考えることができます。

    1. 出来事を起こった順に書き出していく
    2. 成功した原因、失敗した原因だと思えることを、考えられるだけ書き出す
    3. 2で書き出した原因を、〈自分の行動〉と結びつけて考える。
      (例、今回イベントが失敗した理由は集客が足りなかった。自分の行動として、SNSで告知したり友人を誘うという行動が足りなかった、など)
    4. もう一度やるとしたらどうするか、言葉にしてみる

    (参考:『管理職1年目の教科書』櫻田毅/著)

    経験が成長につながるのは、そこから「学び」を得ることができるからです。経験から学ばなければ、それは単なる「思い出」です。

    自分のアタマで考えることを避ける

    「どうすればいいですか」

    こんな質問ばかりをしていないでしょうか。

    思考力も、筋力と同じでトレーニングしなければ成長しません。つまり、動かし、練習することです。

    「どうすればいいか?」という質問は、自分で考えることを避け、指示を仰いだり、他人の考えを求めています。

    自分はこうしようと思う。こういう方法がると思う。

    誰かに聞く前にまず考えてみましょう、

    〈よい話を聞いた〉とか〈いい本を読んだ〉だけで、成長した気になってしまう人がいます。しかし、それは筋トレでいいうならよいサプリメントを飲んだようなもの。

    本当に成長するためには〈自分自身を〉トレーニングする必要があります。

    「つまり、こう言い換えることができるだろうか?」

    「例えば、こんなことも当てはまるだろうか?」

    「自分の行動に活かすなら、どんな点があるだろうか」

    など、〈自分なりの解釈〉を持つようにしたいですね。

    〈疑問をもたない〉これもいわゆる「思考停止」の状態です。

    こんなことはないでしょうか。

    • 偉い人、有名な人の言うことを鵜呑みにする
    • 「今までこの方法でやってきたから」を理由にする
    • 「みんながやってるから」を理由にする

    これ以外にも、実は「常識」だと思い込んでいることがたくさんあるのです。「常識だから」と疑うことをしなければ、考える機会、成長する機会が減ってしまうのです。

    数字を避ける

    成長機会を逃す人の共通点に、物事を具体的に捉えられていない点があります。その一つが〈数字を避けた表現〉です。

    できるだけ早くやります」

    「目標までちょっと足りません」

    「今日はけっこう頑張りました

    こうした発言が多い人は成長機会を逃しているかもしれません。

    最適な目標の立て方に「SMARTの法則」と呼ばれるものがあります。下のそれぞれの頭文字をとったものです。これらの要素を満たしていることが、よい目標だとされています。

    • Specific:具体的、分かりやす内容である
    • Measurable:計測可能、数字になっている
    • Achievable:希望や願望ではなく、達成可能な現実的内容
    • Relevant:目標が、本来の目的にとって意味のあるものであること
    • Time-bound:期限が設けられている

    よい目標の条件の1つが〈数字で表すこと〉です。

    そして、目標を数字で語るなら、結果も数字で語ることになります。当然、その過程である行動も数字で語ることになるのです。

    数字を避けるとは、正確さを避けること。現状や目標、そして自分の行動をあいまいにしたままでは、成長できるとは言いがたいでしょう。

    自分の可能性に目を向けられていない

    スタンフォード大学の心理学教授、キャロル・ドウェック氏によると、成長する人には共通したマインドがあります。「成長型マインドセット(しなやかマインドセット)」と呼びます。

    一方、なかなか成長できない人にも共通したマインドがあります。これを「固定型マインド」と呼びます。

    なかなか成長できない「固定型マインド」の人

    • 知性と才能は変えることができないと考えている
    • 挑戦を避け、簡単にあきらめる
    • 余分な努力は無意味であると考える
    • 他人からのフィードバックを受け入れない

    成長できる「成長型マインド」の人

    • 知性は開発できると信じている
    • 課題に直面しても学習機会と捉える
    • 粘り強く努力する
    • 他人の意見を素直に聞く

    い換えれば、成長型マインドを持つ人は、自分にある可能を信じています。

    今の自分が未熟であったり、能力が低くても、「自分はダメだ」と思うのではなく「今はまだだけど、これから成長できる」と考えることが重要です。

    これからどんどん成長できる!

    当てはまることが多くて、ショックを受けている人もいるでしょうか?

    でも、落ち込む必要はありません。成長とは〈これから〉のことです。

    • 問題が起きたら、人のせいにしたり、自分ではコントロールできなことを言い訳にしたりしない。自分の行動との関わりを考えてみよう。
    • よかったことも、悪かったことも〈感想〉だけでなく「どんな理由があるか。自分の行動はどうだったか。同じことをするならどうするか」を考えよう
    • 自分の頭で考えよう。いろんなことに「なぜ?」「本当に?_」と疑問を向けてみよう
    • いつまで、どのくらいなどは具体的な数字で表現しよう
    • これからまだまだ自分は成長できる、自分の可能性を信じよう

    ちょっとした考え方を変えるだけで行動は変わります。全てがすぐに変わらなくてもよいのです。

    小さな変化を重ねる、それこそが成長なのです。

    あなたの能力は、今日のあなたの行動によって、開花されるのを待っています。


    手紙屋〜僕の就活を変えた中の手紙(喜多川泰)

    [関連する話題]


    成長マインドに関する記事です。

    自分で考えるとは、自分に向けていろんな質問を投げかけることににています。質問のバリエーションが増えるほど、思考の幅も広がります。

    [関連する本]

    「成長型マインドセット」で紹介したキャロル・ドウェック氏の著書です。本書では「しなやかマインド」という単語で、成長に必要なマインドを開設しています。

    キャロル氏や本記事とは別のアプローチで成長に必要なマインドについて記されています。「成長とは何か」を学びながら読み進めることができます。

    タイトルの通り、自分のアタマで考えることを教えてくれる本です。2011年の本なので事例が古いこともありますが、それでも読む価値があります。若いうちに読んでおきたい1冊です。

    PICK UP

    New MeのSNSをフォロー

    月間ランキング

    1. 1

      考えが〈浅い〉人と〈深い〉人の違い。クリティカルな思考とは。

    2. 2

      第一志望の最終面接で不採用に。絶望からの就職活動。

    3. 3

      大学生のうちに磨いておきたい「課題発見力」に必要な考え方。

    4. 4

      相手を不快な気持ちにさせず、反対意見をうまく伝える方法

    5. 5

      柔軟な価値観を養うために大事な、『他人の考えを知る』という行為のポイント

    6. 6

      大学生が朝活を習慣化するメリットと継続のコツ

    7. 7

      「問題解決能力」を成長させられる人が持つ習慣とは

    8. 8

      クリエイティブな人になろう。大学生が「創造力」を鍛える方法とは。

    9. 9

      接客業のアルバイトが社会性を育てる理由5選

    10. 10

      『自分一人じゃ、できないからこそ』学生団体の代表でもある袖浦くんが、挑戦を重ねる原動力とは

    おすすめ記事

    1. 『エージェント型就活サイト』のメリットとデメリット&おすすめサイト7選

    2. 無理な頼みごとや、強引な誘い。きちんと断れますか?断れる人になるためのポイント

    3. 「器用になれないなぁ」と悩んでいる大学生におすすめのマンガ3選

    4. 読書の秋!Kindle 10 月「月替わりセール」のおすすめ本18冊

    5. 柔軟な価値観を養うために大事な、『他人の考えを知る』という行為のポイント

    TOP