あなたの持つ「才能のかたち」を探ってみよう

    キャリアを考える

    「自分にどんな仕事が向いているのか分からない」

    「自分の強みってなんだろう?」

    こうした悩みを抱えている人は非常い多のでははいでしょうか。

    自分の才能を知るというのは簡単ではありません。キャリアコンサルタントという仕事をしている自分ですら、自分の才能を、全て性格に把握できている自信はありません。

    ですが、自分の中にどんな才能があるかを知ることは、仕事の適正へも結びつきます。

    自分の中にどんな才能の「かたち」を見つけること。ぜひ意識してトライしてもらいたいと思います。

    才能の「原型」を見つける

    才能には様々な「かたち」があります。才能の「原型」のようなものがあるのです。

    皆さんの中に眠る才能というのは、まだまだ原型です。これからどのように磨いていくかによって、どんな形になっていくか、その可能性は無限大です。

    逆に言えば、まだ原型の段階なので、はっきりと形がクリアになった「才能」を探すのは非常に難しいというとこです。

    いきなり明確に「才能」と定義できるものを探すのではなく、原型のようなものから探してみるのもよいのではないでしょうか?

    例えば、「文章を書く」という原型を持っている人もいれば「人に教える」という形もあります。

    「ものを売る」「計画を立てる」そんな才能の原型もあれば「演奏する」「人を癒す」などの形を持っている人もいるでしょう。

    そして、あなたが持つ、才能のかたちは一つだけではありません。

    例えば、「新しいものを見つける」という形が一番大きくて、他にも「人に伝える」という形を持っていたら…何か仕事に結びつけられそうではないでしょうか?

    自分の才能を見つけるというのは「箱の中身当てゲーム」に似ています。

    自分の才能という〈目には見えないもの〉に手を伸ばします。そしてそこにあるのもの形を手探りで当てていく。

    箱の中身当てゲームの場合、ヒントになるのは「かたち」だけではありません。「感触」も重要です。同じ丸いものでも、ふわふわしているのか、ツヤツヤなのかでは中に入っているものが全く違います。

    才能を見つけるヒントとなるもの

    「自分の才能の見つけ方 図解版」(本田健/著)の中には、この才能の「感触」となるようなものが紹介されています。本田氏曰く、才能の本質となるものとして次の11のようなことをあげています。

    1.  ちょっと時間があったらやってしまうこと
    2. 自然と上手に出来てしまうこと
    3. 自分が誇らしく感じること
    4. インスピレーション
      ※音楽に才能があるなら「音やリズム」、文才なら「言葉」、発想なら「イメージ」など
    5. その人の愛の表現 
      ※「美味しいものを食べさせてあげたい」とか「これを教えたい」という思い
    6. 人に喜ばれ、人の役に立つこと
    7. 温泉のように人を癒すもの
    8. 人を感動させ、楽しませるもの
    9. 人の神経を逆なでするもの
    10. 苦しい体験から見つかるもの
    11. 人生の目的

    『自分の才能の見つけ方 図解版』本田健

    何か、ピンとくるものはありましたか?

    なくても焦る必要はありません。自分の才能を見つけるアプローチは様々あるのです。

    ただ断言できることもあります。

    「知ろうとしなければ分かるはずがない」

    ある日突然「私にはこんな才能があるんだ!」と気が付いたり、誰かがそれを教えてくれたり、そんなことはまずありません。

    自分の才能という〈中身の見えない箱〉に手を伸ばすのは勇気がいることです。理想としていたものと違ってがっかりすることもあるかもしれません。

    しかし、才能は大きくしたり、形を変えたりすることが可能なのです。自分の才能の「かたち」を早く知っておけば、より理想の大きさ、形に変えていくことも可能です。

    勇気を出して、見えない箱に手を伸ばしてみましょう。

    才能を見つけるヒントとなるもの

    『自分の才能の見つけ方』の図解版です。わかりやすい図解やイラストによって、才能を見つけるため、活かすためのエッセンスを手軽に学べ、理解を深めることができます。(書籍版『自分の才能の見つけ方』もおすすめです)

    自分の才能を見つけることについて書かれたベストセラーです。本書の特色は、なんといっても「ストレングス・ファインダー」という、あなたの強みを「見える化」してくれるツールです。ウェブテスト形式で回答すると、「何があなたを際立たせているのか」のレポートを得ることができます。※新品でないとアクセスコードが利用できないのでご注意ください。

    自分の才能を見つける、というのとはちょと違います。自分が今何をやりたいと思っているのか、それを実現するためにはどうしたら良いのか。むしろ「やりたいこと」から才能を作っていくイメージです。本書は読むというより、ワーク形式で進めていくものです。自信を持ちたい人、行動へうつす勇気が欲しい人などにおすすめです。

    PICK UP

    New MeのSNSをフォロー

    月間ランキング

    1. 1

      考えが〈浅い〉人と〈深い〉人の違い。クリティカルな思考とは。

    2. 2

      第一志望の最終面接で不採用に。絶望からの就職活動。

    3. 3

      大学生のうちに磨いておきたい「課題発見力」に必要な考え方。

    4. 4

      相手を不快な気持ちにさせず、反対意見をうまく伝える方法

    5. 5

      柔軟な価値観を養うために大事な、『他人の考えを知る』という行為のポイント

    6. 6

      「問題解決能力」を成長させられる人が持つ習慣とは

    7. 7

      大学生が朝活を習慣化するメリットと継続のコツ

    8. 8

      クリエイティブな人になろう。大学生が「創造力」を鍛える方法とは。

    9. 9

      接客業のアルバイトが社会性を育てる理由5選

    10. 10

      『自分一人じゃ、できないからこそ』学生団体の代表でもある袖浦くんが、挑戦を重ねる原動力とは

    おすすめ記事

    1. 「器用になれないなぁ」と悩んでいる大学生におすすめのマンガ3選

    2. 大学生が長期インターンシップに参加したほうがいい理由

    3. 『エージェント型就活サイト』のメリットとデメリット&おすすめサイト7選

    4. 「普通」というレールから外れたあの日。その中で私が得たもの。

    5. 柔軟な価値観を養うために大事な、『他人の考えを知る』という行為のポイント

    TOP