後悔しない夏にする。大学生におすすめの有意義な夏休みの過ごし方

    キャリアを考える

    「明日やろう」を40回くり返すと夏休みは終わります。

    これは、私が小学4年生の時の担任に言われた言葉です。

    大学生活の夏休みは小学校以上に長いという人も多いのではないでしょうか。「明日やろう」だけでなく「来週やろう」「来月やろう」と先延ばし癖がつきやすくなってしまう時期です。

    休み期間が長くても、いろんな予定が入っている人もいるでしょう。夏期講習、ゼミ合宿、そして就職活動。

    一方で予定が空いており、なにをしようか考えている人もいるでしょう。

    「まずは思いっきり遊んで、でもせっかくだから将来のために、ちょっと頑張ってみようかな…」

    そんなあなたに、先輩の声をまとめました。

    現役大学4年〜卒業後3年目までの方52人に「大学生の夏休みにおすすめの過ごし方」「大学時代の夏休みにやってよかったこと」について自由記述のアンケートを行いました。

    新型コロナウイルスの影響で、行動に制限があるこの夏でも挑戦できることについて、多かったご意見を紹介します。

    将来のために〈ちょっと頑張る〉過ごし方

    資格の勉強をする

    学校の授業がないので、資格の勉強だけに集中できたのがよかったです。

    ”夏の間にどれだけTOEICの点数を伸ばせるか”に挑戦した。終わりがあるのでがんばれた。

    1〜2ヶ月で取れる資格もあり、就活の時にちょっとしたアピールになった

    授業がない期間だからこそ、それ以外の勉強に挑戦しておきたいものです。

    就職活動において、資格が有効に働くこともあります。そうでなくても「授業以外に主体的に目標を定め学習した(さらに達成した)」という経験自体が大きくプラスになるはずです。

    [関連する話題]

    大学生には

    • TOEIC
    • 簿記
    • ITパスポート
    • ファイナンシャルプランナー
    • 宅建
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト

    などの資格が人気のようです。夏休みをきっかけに挑戦してみてはいかがでしょうか。

    短期で資格取得を目指すなら、資格の大原(外部サイト)が公開している「短時間で取得できそうな資格」ランキングも参考にしてみてください。

    本を読む

    まとまった時間を確保し読書に没頭することで、読書を好きになることができた

    少し難しい本を焦らず読み進められたのがよかった

    夏休み中に、自分の専門分野以外の本を読んだことで世界が広がった。その知識が卒論で役に立った

    読書の習慣を身につけたいと思っている人は少なくありません。しかし、読書に慣れていない人ほど、忙しい時や疲れている時に本を読むのは難しいものです。

    ぜひ、時間にゆとりがある時に、本を読むことにトライしてみましょう。

    インターンシップ

    短期インターンシップ

    1・2年生でも参加できる短期インターンシップを探して参加した。就活が本格化する前に参加できたのが良い経験になった。

    短期のインターンなら、現在アルバイトや部活がある人でも参加しやすいですね。

    まだ就職活動が本格化していない学年の人でも、いろんな企業を知っておくと、のちに役立つはずです。

    仕事の現場を知ることは、自分の仕事観について知るよいきっかけにもなるはずです。

    長期インターンシップ

    インターン(長期)に参加したことで、企業や「働くということ」について詳しく理解できたと思います。

    長期インターンで、たくさんの社会人と知り合うことができ、就活の時に役に立った

    時間に余裕があるなら、ぜひ長期インターンも検討したいものです。より現場で仕事を感じることができます。

    就職活動、そして社会人になる準備にはもってこいの機会です。

    免許を取る

    夏休みを利用して合宿で免許を取ったので通うより短い期間で済みました。

    友だちと一緒に地方の合宿免許を取りに行った。旅行も兼ねているような感覚で楽しかった。

    合宿免許には費用を抑えられるというメリットもあります。夏休みは人気なので、早めの予約が必要です。

    [合宿免許が気になる方]

    【ユーアイ免許】(外部サイト)は合宿免許の激安・格安プランが検索できます。学生の方向けの学割プランもあるので、ぜひチェックしておきましょう。

    人に会う

    Twitterで1on1(※)を募集して、いろんな人とZoomで話をした。友だちも増え、世界も広がったと思う。

    (※)1on1とは1対1のミーティングのことです。ビジネスの世界では上司と部下の面談のことを指します。Twitter上では大学生を中心に「1対1のおしゃべり」と言ったニュアンスで相手募集をしている投稿も多いです。

    業界を絞らずOB・OGにアポイントをとって話を聞いたことで、自分の就活に役立ちました。

    この1年、進化型コロナウィルスの影響で対面の授業やイベントが減り、人と会う機会が減りました。

    しかし、その分Zoomなどオンラインツールの利用が活発になりました。家族、友だちはだけでなく、夏休みを利用して新しい友人を通ったり、知らない人の話を聞いてみるのもいいですね。

    後悔した過ごし方

    先輩方には「後悔した夏休みの過ごし方」についても聞いてみました。

    ダラダラしているうちに終わってしまった。社会人になってすごくもったいなかったと後悔している

    気合いを入れて予定を詰め込みすぎて、体調を壊してしまいました。結果、夏休みの大半を無駄にしてしまいました。

    インターンや業界研究など、夏休みに就活の準備をしていた友人と大きな差がついた

    夜型の不規則な生活をしてしまった。元に戻すのが大変すぎた

    やりたいことをするのが一番!でもせっかくなら

    社会人になると、多くの場合大学生のような長い夏休みは無くなります。

    せっかくですから後悔しないように過ごしたいですね。

    そのためには、やりたいことをするのが一番です。やりたいことの後回しは後悔につながります。

    その上で、

    時間に余裕があるなら。

    この夏を〈成長のきっかけ〉にしたいなら。

    ちょっとだけでも、成長のため、将来のために時間を使ってみませんか。

    きっと楽しいだけではない、充実感が得られると思います。

    PICK UP

    New MeのSNSをフォロー

    月間ランキング

    1. 1

      考えが〈浅い〉人と〈深い〉人の違い。クリティカルな思考とは。

    2. 2

      第一志望の最終面接で不採用に。絶望からの就職活動。

    3. 3

      大学生のうちに磨いておきたい「課題発見力」に必要な考え方。

    4. 4

      相手を不快な気持ちにさせず、反対意見をうまく伝える方法

    5. 5

      柔軟な価値観を養うために大事な、『他人の考えを知る』という行為のポイント

    6. 6

      大学生が朝活を習慣化するメリットと継続のコツ

    7. 7

      「問題解決能力」を成長させられる人が持つ習慣とは

    8. 8

      クリエイティブな人になろう。大学生が「創造力」を鍛える方法とは。

    9. 9

      接客業のアルバイトが社会性を育てる理由5選

    10. 10

      『自分一人じゃ、できないからこそ』学生団体の代表でもある袖浦くんが、挑戦を重ねる原動力とは

    おすすめ記事

    1. 大学生が長期インターンシップに参加したほうがいい理由

    2. 『エージェント型就活サイト』のメリットとデメリット&おすすめサイト7選

    3. 「器用になれないなぁ」と悩んでいる大学生におすすめのマンガ3選

    4. Kindle9 月「月替わりセール」のおすすめ本

    5. 柔軟な価値観を養うために大事な、『他人の考えを知る』という行為のポイント

    TOP