気にしない練習

    視野を広げる

    疲れやすい、やる気が起きないなど、「なんだかストレス溜まってるな〜」と感じることもありますよね。

    そんなとき、あなたはどうしますか? 友だちに会う、スポーツをする、お酒を飲む、大声でカラオケを歌う…などなど。ストレス解消にはいろいろな方法がありますよね。

    他にも、ストレスの元を「気にしない」という練習をするという方法もあります。

    自分を取り巻く環境を違った目で見てみるのです。ストレスを解消するのではなく「感じにくくする」。そこにもストレス社会を生き抜くヒントがあるかもしれません。

    「他人からどう思われているか気になってしまう」

    「自分の小さなミスにいつまでもくよくよしてしまう」

    そんなお悩みをもつあなたにおすすめの1冊を紹介します。

    recommended by New Me

    「気にしない練習(名取芳彦)」は真言宗豊山派の住職である著者が、ストレスを抱えずに生きていく方法を紹介しています。

    大学生活は留年をしなければ4年間ありますが、入学から就職して卒業するまでには多くの人と関わり合うことが必要です。

    人と関わり合うときは意見や考え方が合わないときもあれば理不尽なことにも耐えないといけない場合もあり、そのたびにあれこれ悩んでしまうともったいなくなります。

    このような状況を乗り切るためには考え方を変えることも非常に価値があります。

    この本をは、あなたの考えを変えるきっかけとなってくれるはずです。

    本は1章から4章まであり、それぞれの名言を追っていくと自分自身の人生と重なり合わせることができます。

    人生は長い時間をかけて”いい加減”について教えてくれる先生です。

    (1章より)

    目標があれば我慢を気にせずに我慢できる。

    (1章より)

    1章のこの2つの言葉はまさしく大学生にはピッタリです。うまくいかないことがあったり、周囲に嫌がらせを受けても、自分の考えていることが正しいと思えば成長できるものです。

    人は何か縁が加われば裏切ることもあると覚悟すれば、あなたは今よりずっと強くなれます。

    (2章より)

    心理学者のアドラーは「すべての悩みは大人関係の悩みである」と言いました。

    皆さんも人との関係で悩んだり、「裏切られてしまうのではないか」と不安を抱くこともあるでしょう。

    本書は、他人のことを気にせずに自分自身を磨くことが重要性を感じさせててくれます。

    紹介した以外にも、心に響く言葉は他がたくさんあり、その都度見て考えるようにすると気が楽になること間違いなしです。

    大学生になると人付き合いが高校のころのそれと大きく変化していきます。

    アルバイトやインターンを始めれば、年齢が離れている人とも関わることになります。その中では正しい行いをしても理不尽なことで注意されることもあるかもしれません。

    その都度悩みすぎると、精神的に大きな負担になります。

    そして、大学を卒業し社会にでると、友人意外の人間関係はさらに増え、複雑さを増します。

    大学という、学生から社会への移行期間に、ぜひスキマ時間を見つけて本書を手に取ってください。

    そして筆者の伝えたいこと、意味することを考見ましょう。良い意味での「鈍感さ」も私たちには必要なのかもしれません。

    私も実際にこの本を読んでみて自分自身について客観的に考えるようになりました。

    『気にしない練習』はさまざまストレスに強くなるだけでなく、自分に自信を持てば生きれば良いということを、わたしたちに伝えてくれる1冊です。

    recommended by New Me

    PICK UP

    New MeのSNSをフォロー

    月間ランキング

    1. 1

      考えが〈浅い〉人と〈深い〉人の違い。クリティカルな思考とは。

    2. 2

      第一志望の最終面接で不採用に。絶望からの就職活動。

    3. 3

      大学生のうちに磨いておきたい「課題発見力」に必要な考え方。

    4. 4

      相手を不快な気持ちにさせず、反対意見をうまく伝える方法

    5. 5

      柔軟な価値観を養うために大事な、『他人の考えを知る』という行為のポイント

    6. 6

      「問題解決能力」を成長させられる人が持つ習慣とは

    7. 7

      大学生が朝活を習慣化するメリットと継続のコツ

    8. 8

      クリエイティブな人になろう。大学生が「創造力」を鍛える方法とは。

    9. 9

      接客業のアルバイトが社会性を育てる理由5選

    10. 10

      『自分一人じゃ、できないからこそ』学生団体の代表でもある袖浦くんが、挑戦を重ねる原動力とは

    おすすめ記事

    1. 「器用になれないなぁ」と悩んでいる大学生におすすめのマンガ3選

    2. 無理な頼みごとや、強引な誘い。きちんと断れますか?断れる人になるためのポイント

    3. 柔軟な価値観を養うために大事な、『他人の考えを知る』という行為のポイント

    4. 読書の秋!Kindle 10 月「月替わりセール」のおすすめ本18冊

    5. 「普通」というレールから外れたあの日。その中で私が得たもの。

    TOP