[前編]社会人200人に、”学生時代に「もっとやっておけば良かった」と後悔していること”を聞いてみた!!

    キャリアを考える

    誰しも自分の生き方に後悔したくないですよね。

    でも、私たち学生にとって、大学生活がどうしたら悔いのないものになるのか・・・というのは非常に悩ましい問題です。

    だったら経験者にきてみようということで、大学を卒業した社会人の方200名にアンケートを取りました。

    今回はアンケートの集計と、少数派から順にそれぞれ社会人の方のコメントを見ていきたいと思います。

    なお、アンケートの結果は「学生時代にこれをした方がいいよ」「これは別にしなくてよいと」というようなことではありません。あくまで先輩方の1エピソードとして受けとってくださいね。

    目次

    社会人の方が思う「大学時代の恋愛経験」や「勉強しておくべき資格」とは・・?

    アンケートは、社会人の方に協力していただき、200名にフォームより回答いただきました。回答者の方の平均年齢は39.3歳(24歳〜64歳)です。

    大学を卒業し、様々なキャリアを積まれたそれぞれのお立場で「今」思うこと、という感じでしょうか。また、当時と今では状況が違う点などもあるかもしれませんね。

    集計結果

    各項目について、それぞれの理由やエピソードをピックアップ!

    少数派の意見から順に「投資〜社会人との交流」の項目について、コメントを紹介しています。

    「授業〜海外旅行」までのコメントは後編で紹介しています。

    投資

    友人が大学生のころから株式投資をしていて、株式投資しようと言われたのにお金がないのを理由に断りました。 その友人が株式投資でお金持ちになったのを見て後悔しています。自分もアルバイトをしてでもお金を作って株式投資しておけばよかったです。

    投資に限った話ではないですが、もっと資産運用について勉強しておくべきだった、と言う意見はよく耳にします。

    起業・フリーランスとして稼ぐ経験

    カフェで広げたノートパソコンと飲み物
    Photo by XPS on Unsplash

    もともと数年社会人をしたら起業するつもりだったが、結婚し子供ももったことで起業に挑戦しにくくなってしまった。学生の内から、起業や自分で稼ぐ経験をしておけば良かったと思う。

    K-roさん(32)工学部卒

    現在は、コロナ禍などで本業がいつ首になってもおかしくない状況にあるので、副業に繋がるような、自分の手で稼ぐ経験を積んでおけば良かったと思います。

    KTさん(36) 経済学部卒

    「学生だからこそ、いろんなことにチャレンジしやすい」ということを私たちはついつい忘れがちになってしまいます。起業など先延ばしにせず、トライしてみたいものです。

    「長期インターン」

    業界のイメージや条件だけで就職活動をしたため、入社後にギャップを感じ、すぐに退職してしまった。 長期のインターンシップで働く体験をしていれば、自分に合う仕事や、やりたいことが分かったかもしれないと思う。

    Tujiさん(33) 文学部卒

    いま社会人として働いていて、収入額はどこの業界に入るかで相当変わってくると身に染みて感じているため。いまは繊維業界にいるけれど、業界の上位企業であっても全体的に低所得で、それは生活の余裕だったり選択肢だったりにかなり影響しているので。

    K-roさん(32) 工学部卒

    「会社に入社し、仕事をするからこそわかること」を実感したという意見が多かったです。

    読書

    ソファであぐらを描き本を読む若い女性
    Photo by Seven Shooter on Unsplash

    社会に出ると人間関係で悩むことが多いモノです。以前、仕事場で私の行動やコミュニケーション方法などを注意されることが多かったのですが、なぜそのようなことを言われているのかわからないことが多く、職場で辛い思いをした経験がありました。原因は自分のことばかり考えて周りのことに目が届かなかったためでした。 本を読むと、自分を俯瞰しやすくなるモノです。 文芸書を読めば、登場人物の言動を参考にして、自分を見つめ直すきっかけになります。

    takeさん(54) 経済部卒

    その他のコメントに多くみられたのが、「社会人になると読書する時間がとれない」というものでした。

    読書は自分の俯瞰力を鍛え、結果として人間関係にもよい影響を与えます。

    社会人になると、今以上に「相手の立場に立つ」ということが必要になってくるでしょう。

    だからこそ時間に余裕があるうちに本を読んでおきたいものです。

    アルバイト

    カフェで仕事をする若い女性
    Photo by Brooke Cagle on Unsplash

    実家暮らしでしたしお金に困っていなかったのでアルバイトをしませんでした。いきなり社会に出た時に失敗が多く、アルバイトで一般常識やマナー、言葉遣い、目上の人やお客様への接し方など勉強しておけば良かったなとすごく後悔しました。

    マユさん(42) 人文学部卒

    働くようになって強く感じましたが、働くということは学ぶことだなと思います。学生のうちにいろんな業種・職種にふれるおくことでものの見方が変わってくるように思います。

    ぼぼすさん(29) 教育部卒

    「就職する前に、働く経験をしておいて、マナーや一般常識を学んでおけば良かった・・・」という声が多く聞かれました。今ならアルバイトだけでなく長期インターンという選択肢もあるので、どちらにせよ「働く経験」は積んでおきたいものだと思います。

    その他、「長期アルバイトで、学校外に友人を作っておけば良かった」という声もありました。

    授業やゼミ以外での学習

    ヘッドホンをし、パソコン画面を見ながらメモを取る男性
    Photo by Compare Fibre on Unsplash

    今後コンピュータやインターネットは切り離せないだろうと何となく予想していたにも関わらず、それらに関しての勉強を怠ったから。具体的は時間に余裕があった学生時代に、プログラミング学習をしておけば良かったとつくづく後悔している。

    TT4000さん(40) 学部不明

    法学部の単位取得以外の勉強を一切しませんでした。実際社会に出て営業や商品企画を担当すると企業法務やマーケティングの基礎知識があるとないとで大きな違いがあります。また、貸借対照表等が最低限見れるような知識を持っていれば大きくリードできたと今では後悔しています。

    たみやんさん(47) 法学部卒

    一般的な会計やマーケティングなど、「どのような職種についても持っておくとプラスになる知識」を勉強しておけば良かった、という意見の方と、「転職の際の幅を広げるためにも学部以外の専門知識・スキルがあれば良かった」という意見の2つが多くを占めました。

    就職活動関連

    笑顔を見せるリクルートスーツの女性

    最初から就職したい業界を絞って活動したことで自分の就職の幅を極端に狭めてしまった。今は当時思っていた業界とは全く違う職に就いているが、特に問題なく業務をこなせているし仕事の内容にも文句はないので、今更あの時業界を固めていなければ自分に合う会社がたくさん見つかったかもしれないのにと思っている。

    Pjoさん(31) 法学部卒

    会社というものを全く研究していなかったため、自分がどういったことに向いているかということを真剣に考えていなかった。安易に当時人気のあった業界に就職してしまったことは、その後の人生に大きなマイナスになったと思う。

    ちそらさん(64) 理工学部卒

    就職活動について、後悔を感じている方の意見をまとめると大きく次の3つです。

    • 取り掛かる時間が遅い、(または就活せず)不本意な結果となってしまった
    • 真剣に取り組まず就職してしまったため(自己分析しない、人気に流される、企業研究をしない等)、会社選択について後悔が残ってしまった
    • 先輩や研究室のツテなどで、比較的苦労せず就活できてしまい、転職活動の際どうしてよいか分からなかった

    社会人との交流

    スーツのボタンを締める男性
    Photo by Hunters Race on Unsplash

    私は大学時代、先輩や社会人との接点を持たずに過ごしました。 すると就職してから困りました。社会人の人達と接点がなかったからか、私の考え方は学生レベル。この事を会社での先輩達に結構言われましたし、これが数年間尾を引きました。

    カレクックさん(48) 経済学部卒

    僕には洞察力が凄い友人がいます。その人は大学時代に社会人と積極的に交流を持って(略)社会を生き抜くための知恵やら技を身に着けるためにやっていたそうです。 そのおかげで彼は僕と同い年ながらも貫禄があり、職場でも役職があります。この辺をもっと強化しておくと、社会に出た時に役に立つと思います。

    ウェスカーさん(30) 芸術学部卒

    自分自身の人間関係が体育会系の部活動に限られていたため、違った先輩方、社会人との交流を出来ませんでした。社会に出てからわかりますが、 本当にいろいろなタイプがいるので偏った人間関係だけではいけないと後悔しています。学生時代から様々な方とコミニケーションをとっていればもう少し違った社会人生活になったと思います。

    やんまーさん(47) 法学部卒

    この他に、「就職活動の時点でもっと社会人のアドバイスを聞いたり相談しておけばよかった」という意見もありました。

    年が近い、同じ大学生というだけでも考え方は偏りやすいので、勇気をもって自分とは全く違ちがう方とどんどん交流してみたいものです。

    後半へ

    後半では、票数の多かった上位の6項目について社会人の方の声を聞いていきたいと思います!

    • 社会人が思う「学生時代の恋愛の大切さ」とは・・・
    • 社会人が「取得しておけば良かったと思う『資格』は何?

    など、後半でもとても興味深いコメントが続々登場します。

    ぜひお楽しみに!!

    [ 後編はこちら]

    PICK UP

    New MeのSNSをフォロー

    月間ランキング

    1. 1

      考えが〈浅い〉人と〈深い〉人の違い。クリティカルな思考とは。

    2. 2

      第一志望の最終面接で不採用に。絶望からの就職活動。

    3. 3

      大学生のうちに磨いておきたい「課題発見力」に必要な考え方。

    4. 4

      相手を不快な気持ちにさせず、反対意見をうまく伝える方法

    5. 5

      柔軟な価値観を養うために大事な、『他人の考えを知る』という行為のポイント

    6. 6

      大学生が朝活を習慣化するメリットと継続のコツ

    7. 7

      「問題解決能力」を成長させられる人が持つ習慣とは

    8. 8

      クリエイティブな人になろう。大学生が「創造力」を鍛える方法とは。

    9. 9

      接客業のアルバイトが社会性を育てる理由5選

    10. 10

      『自分一人じゃ、できないからこそ』学生団体の代表でもある袖浦くんが、挑戦を重ねる原動力とは

    おすすめ記事

    1. 大学生が長期インターンシップに参加したほうがいい理由

    2. [後編]社会人200人に、”学生時代に「もっとやっておけば良かった」と後悔していること”を聞いてみた!!

    3. 読書の秋!Kindle 10 月「月替わりセール」のおすすめ本18冊

    4. 「普通」というレールから外れたあの日。その中で私が得たもの。

    5. 柔軟な価値観を養うために大事な、『他人の考えを知る』という行為のポイント

    TOP